進歩のない語学力

フランスのテレビ番組でどうやら日本のことが特集されていたらしく、友達のベルギー人が教えてくれた。





タイトルを英語に訳すと"Salarymen under pressure, letting off steam without limits: the double face of Japan"











どういう意味だろうと一瞬考えた。






「let off」は英語で「おならをする」という意味であることは知っていたので、プレッシャー、スチーム等など、後は強引に訳してみて







きっとこの番組は「お腹を押せば永遠に霧状のおならができるサラリーマン」の話で、「たけしの元気がでるテレビ」か「ガキツカ」のコントだろうと本気でそう解釈した。






だから








おれ「それはクレイジーな番組だよ。日本人が全員そんなことできるって思われたら困るよ」




ベルギー人「そうだね。まぁフランス人が作った番組だから多少バイアスかかってるかもね」




おれ「ありえないよ。少なくともおれはそんな人知らないよ」




ベルギー人「本当?でも日本社会ってすごいストレスフルで毎年たくさんの人が自殺するって聞いたことあるよ」











とそこまで会話をして、「ん?」と思ったので事の真意を確かめてみたところ、






"letting off steam without limits"はイディオムで、「うっ憤をはらす、ストレスを発散する」という意味があるそうだ。






要するにこの番組は「プレッシャーの中でストレスを発散しながら生きるサラリーマン、日本の闇の側面」みたいな特集であり、ずっとおならができるサラリーマンの話ではなかったようだ。




・・・









まぁおれの英語力なんてこんなものだ(笑)







ベルギー人は爆笑してたが





ベルギー人「まぁそんな番組存在する日本はやっぱりクレイジーだ」







ということでまたしても日本の偏ったイメージを外人に与えてしまった・・・







ちなみに「おならをする」は「let off」の他に「break wind」または「cut the cheese」
外人に「今おならをした?」と聞く時は「Did you cut the cheese」といいます。

[PR]
by sumiday | 2010-11-01 20:54 | 駄文
←menuへ