<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大学生のときに外国の安宿で知り合った外人とはフェイスブックを通してうすーい関係が続いていて





その中の一人のフランス人が、今年の7月いきなりメールを送ってきて「友達で建築家のカンボジア人が日本を旅行するからアテンドしてやってくれないか」と頼んできた。





ただおれはもう既にシンガポールにいたので会えず、その代わり東京にいる建築関係の仕事をしている友達を紹介してあげた。



コミュニケーション能力の高い友達を紹介したのでw、結構満足してくれ、直後いかに日本のことが好きかという作文をびっしり送ってきて少し引いた。が、まぁ悪い気はしない。









というそんな関係で会ったこともなかったんだが、彼がフランスにやってくるということで、おれもクレジットのことでパリに行かねばならず、しかもパリでの寝床と晩飯を提供してくれるということで、いい機会だから会うことになった。















でパリに着いたらカンボジア人とその運転手がお出迎え。そのまま車でその寝床へ向かう。







この時点でこいつは何者なのか疑問に思ったが、後々発覚する事実に驚愕することになる
















宿につく。



















あれ?ここはエッフェル塔の隣?










聞いてみる





「ここどこ?」






「カンボジア大使のレジデンスやで」






「え?カンボジア大使が住んでるところにおれが泊まってえぇの?」





「当たり前やん。お前おれの友達やーん」





「いやいや笑。しかもなんでここの鍵持ってんねん?」






「あぁパパがここで働いてるから」





・・・









段々とこいつの正体が分かってきた。






こいつはカンボジアンロイヤルファミリーの一員だ。







今はプノンペンで仕事をしているが、ずっとパリで生活していたから家族も皆パリにいるらしい。









どういうわけかおれはパリでカンボジアの皇族とコネクションができてしまった笑











で、その後彼の自宅に招待される。











凱旋門のすぐ隣である。





シャンゼリゼ通りは徒歩5分の距離








・・・







凡人のおれは「こんなとこ人住んでるんだ~」というアホ丸出しの感想しかでてこなかった。





彼の家には彼の奥さんと両親、姉夫婦が住んでいて、フランス語、クメール語、英語が飛び交う楽しい夕食だった。






夕食後、去年、カンボジアで行われた彼の結婚式の写真を見せてもらう








「結婚式は3日間やって、3000人招待したんだ。衣装も10回以上変えたかな。あ、これカンボジアの首相だよ。」






・・・・・・








結婚式に総理がやってくるんだぁ。。









ていうかおれが紹介してあげた日本人友達はこいつの身分を知らないけど粗相なくしっかりやってくれたんだろうか?笑














人にしてあげた親切は回りまわっておれにロイヤルファミリーに会うチャンスを与えてくれた。







こういう偶然の出会いは本当に面白い。








「カンボジア来る時は連絡してくれ。パリの家は小さいけどプノンペンの家はもう少し大きいから」





多分バカでかいに違いない・・・









カンボジア、行かねば。。
[PR]
by sumiday | 2010-11-30 05:07 | 駄文
自分の作ったパワーポイントがかっこよすぎて見とれている。







他にやることありすぎるんだけど、スライドショーを何回もやってしまう。












いやぁ






これはアゼルバイジャン人には作れまい。







まぁ中身は中学生の主張みたいだけどw
[PR]
日本でも無くしたことのないクレジットカードを無くした。




無くしたのが多分水曜で気付いたのが土曜日の晩。





こういう時に備えてわざわざパリで日本人スタッフのいるクレディリヨネ銀行で口座を作ったのに、まさかの週末。




仕方なく銀行のカスタマーセンターに電話するも、案の定ランゲージプロブレム勃発。










おれの名前を伝えてるのに一向に伝わらない。「i は イリャの i か?」と聞かれて「は?」




「だからイリャか?」




「イリャってなんや?」




「あなた本当に英語話せるの?」




「お前の英語の方が怪しいわ!イリャってなんやねん!?」




「そんなのもわからないの!?イリャよ!イッリャ!!」




「はぁぁぁぁあl!!!!!!!!!????????」





「だからイリャよ!there is」




とここまで会話をしてふとフランス語クラスを思い出した。






「あぁぁ il y aね!そうです。il y a の i」とようやく伝えることができた。




il y a はフランス語で英語のthere isと同義で、このお姉さんはアルファベットのスペルを確認したかっただけなのだ。ていうかこれ英語じゃないしと思ったけど、フランス人は自分に非があっても一切認めない人種だと最近学んだのでここはじっとこらえる。






しかしこのスタッフはこの後も何回もため息をつきながら嫌々英語を話し、おれに14ケタの番号を一方的に伝え、おれが「この番号は何だ」と聞くと「Ask bank! Bye bye!」と一方的に電話を切った。







お前も銀行やろ!と言わせる隙もなかった。





フランス最大手の銀行にもかかわらずなんというサービス精神の低さ!





日本だと真っ先にクビ切られてるぞ!







ただそんなことよりも



このままでは果たしておれのクレジットが止まっているのかどうかが全く分からず、日本人スタッフが出勤する月曜日まで待つのも嫌だったので、改めてマスターカードグローバルセンターから日本人スタッフを呼び出し、銀行に問い合わせてもらった。





結局カードは止まってたし、水曜から土曜までの不正使用の形跡もなく、お姉さんがおれに伝えた番号は銀行でカードを再発行する際に必要な番号だったということも分かり、ほっと一安心したが
(ていうか初めからマスターカードに電話すればよかった)







クレジットカードを無くすなんてたるんでる証拠。






引きしめねば。。









ちなみに今回色々調べて分かったが、海外でクレジットカードを無くしたらVisaとMastercardは再発行まで1,2週間かかるけど、アメックスカードは即日発効してくれるらしい
[PR]
ベッドの上で体育座り中。
[PR]
by sumiday | 2010-11-21 23:12
ジャンクフードが大好きなおれは週2回はマクドナルドに行く。





2008年ごろは週4ぐらいだった。






味オンチといわれようと関係ない。マクドはおれの主食だ。
(それなのに何故体重がむしろ減っているのか、人体の神秘・・・)












しかし、フランスのマクドナルドは本当にイライラする。








全然ファーストフードじゃないから。








なんでそんな時間かかるの?っていうぐらい遅い・・・






別に店員がダラダラやっているからというわけではない。チャキチャキ忙しそうにしている。






なのになぜマクドに20分も並ばなければいけないのか。客と店員の行動をずーっと目で追ってたら原因が分かった。








まず客はバリューセットを頼んでない。ポテト3つとか、アイスクリームとか、ハンバーガーとジュースとか





なんか色々頼んで、結局これはバリューセットにしたほうが安いですよ、みたいに店員が勧めているケースもある。






そのバリューセット頼まない姿勢はなんだ?プライド?バカなだけ?









あと、今日前に並んだ黒人は追加注文の嵐だった。アイスクリーム頼んで会計後にチョコチップ追加とか、ジュースをラージサイズに変えろとか。後ろの迷惑まるで考えず・・・








店員もなんかセカセカ動いているわりに遅い。こんなに並んでるんだからレジを大目に開ければいいのに、それをしないのはなぜだろう?




しかもチーズバーガーは大量に作り置きしてるくせになぜビッグマックは作ってないのだ??












こう考えると、日本マクドナルドは天才だと思った。






注文うけてからハンバーガー作りはじめてあの早さだもの。




そして全国どこでもスピードが統一されている。味もはるかに上。素晴らしい。







特にランチタイムのマクドナルド新橋店のクルーは、給料こいつらの2倍もらってもいいぐらいのグッジョブをしている。あんなに混んでるマクドでもおれは5分以上待ったことが無かった気がする。











こっちにいて何がむかつくって、マクドナルド=ファーストフード=腹が減ったらすぐ食べれる、という先入観があるから、待たされるとすごいイライラしてしまうのだ。イライラの後の高カロリーな食事だからおそらく体にはそんなに良くない。




















でもそれでもおれは今日もマクドに行く。






チキンナゲット+バーベキューソースはやっぱりうまい。
[PR]
今日はフランスは祝日だから学校は休み。





といっても日本と違って全ての店が閉まってるから、部屋にこもって勉強するしかないんだけど














今週の授業は正直きつかった。







いきなりテーマが与えられ、それについて40分ディスカッションし、5分グループプレゼン





延々これの繰り返し。







何が大変かって、まず当然英語で全ての作業を行うわけだけど、それ以前にスピードに全くついていけない自分がいる。情報処理能力を例えると、山登りで外人はマウンテンバイク使ってるのにおれはママチャリで走っているようなもん。。ばてばて。。。。






そしてタスクを理解できないとそもそも議論に参加できない。









例えば「tyranny of the average」についての議論。






おれはtyrannyもaverageも意味は分かったけど、tyranny of average????という感じで、定義を聞いても全く理解できず、I have no ideaな状態だった。







そんなことが続き








おれはアホか?








と本気で落ち込んだ。。










いつもヘラヘラしてるおれがいきなり死んだ魚状態になったので、ドイツ人がびっくりして飲みに誘ってくれたが、家に帰ったら爆睡してしまって携帯の着信に全く気付かず











人の好意をあだにふった自分にさらに落ち込む。。。











日本を離れて5カ月経ち、結構な借金してこっち来た割には唯一学んだことが「I'm stupid」という事実に直面し、もう日本帰った方がいいんじゃないか、と真剣に考えたりもしたけど








もう遅い(笑)






いい年して何を子供っぽいこと言ってるんだと











こっちに来るときにお世話になったコンサルタントのおばちゃんに言われたこと







「なんとかなるかじゃなくて、なんとかしていただくんですね。」








そうですよねぇ。





なんとかするのだ。
[PR]
by sumiday | 2010-11-11 18:51
インド人「日本人はシャイだねぇ。もっと発言しないと。」







ちゃうわい!お前の英語がクリアに聞き取れないだけで、ほんとは喋りたくてウズウズしてるんじゃい!!






はぁ。







2か月たってもこの調子か・・・
[PR]
フランスのテレビ番組でどうやら日本のことが特集されていたらしく、友達のベルギー人が教えてくれた。





タイトルを英語に訳すと"Salarymen under pressure, letting off steam without limits: the double face of Japan"











どういう意味だろうと一瞬考えた。






「let off」は英語で「おならをする」という意味であることは知っていたので、プレッシャー、スチーム等など、後は強引に訳してみて







きっとこの番組は「お腹を押せば永遠に霧状のおならができるサラリーマン」の話で、「たけしの元気がでるテレビ」か「ガキツカ」のコントだろうと本気でそう解釈した。






だから








おれ「それはクレイジーな番組だよ。日本人が全員そんなことできるって思われたら困るよ」




ベルギー人「そうだね。まぁフランス人が作った番組だから多少バイアスかかってるかもね」




おれ「ありえないよ。少なくともおれはそんな人知らないよ」




ベルギー人「本当?でも日本社会ってすごいストレスフルで毎年たくさんの人が自殺するって聞いたことあるよ」











とそこまで会話をして、「ん?」と思ったので事の真意を確かめてみたところ、






"letting off steam without limits"はイディオムで、「うっ憤をはらす、ストレスを発散する」という意味があるそうだ。






要するにこの番組は「プレッシャーの中でストレスを発散しながら生きるサラリーマン、日本の闇の側面」みたいな特集であり、ずっとおならができるサラリーマンの話ではなかったようだ。




・・・









まぁおれの英語力なんてこんなものだ(笑)







ベルギー人は爆笑してたが





ベルギー人「まぁそんな番組存在する日本はやっぱりクレイジーだ」







ということでまたしても日本の偏ったイメージを外人に与えてしまった・・・







ちなみに「おならをする」は「let off」の他に「break wind」または「cut the cheese」
外人に「今おならをした?」と聞く時は「Did you cut the cheese」といいます。

[PR]
by sumiday | 2010-11-01 20:54 | 駄文
←menuへ